道後温泉

【道後温泉】レトロモダンな古民家カフェ「歩音 -あるね-」のランチ

あるねのランチ

道後温泉駅近く「放生園」の真ん前に、古民家のモダンで良いところを残しつつ、きれいに改装された古民家カフェ「歩音(あるね)」があります。

1階はショップ、2階がカフェ

お店の外観

1階はショップになっていて、地元の食材や調味料、砥部焼の新進気鋭の作家さんの素敵な器など、色とりどりな雑貨をセレクト。

お店の1F

そして2階がカフェになっています。お茶はもちろん、ランチも可能。

お店のメニュー

スタンドにはおいしそうなおむすび&小鉢のランチや、たくさんのカフェメニューのご案内。

カフェ入口

2階へは外にある通用入口のほか、1階のお店からも上がれるようになっています。

階段

昔の急な階段ですが、滑り止めにカーペットが敷き詰めてあるので上がりやすくて安心です。

店内はレトロモダン

窓

2階に上がると、広くとってある南側の窓から明るく光りが入ってきます。

テーブル席

席は6席ほど。

テーブル席

その場に似合ういろいろなテーブルとイスが置かれています。

席

先客がいなければそのときの気分に応じて選べますね。

室内

対面だけでなく、横に並んで座るソファータイプも。ミッドセンチュリーでいい味が出ているカリモクのソファーです。

メニュー

おむすびセット

ランチメニューはおむすびセットのみ。

大きめのおむすびが2個と、ごぼうや豆乳などからだに良いものがバランスよく入った小鉢が4品ほど。おむすびの温かさでのりの香りが立ってきます。

中庭

ゆったりランチをいただきながら、隣の家の中庭を眺めることができます。このカフェと続いているのか、別なのかはわかりませんが、本当に心が癒され、落ち着ける感じです。

デザート

お腹はいっぱいですが、甘いものは別腹ということで、食後にはマスカルポーネチーズのケーキとコーヒーを注文。

ケーキは甘すぎない感じですが、しっかりとコクがあり、甘さも感じます。コーヒーはしっかりとしたタイプです。お代はランチとデザートで1,300円(税抜)でした。

カップ

とても驚いたのは、このカップなんと砥部焼です!

カップ

砥部焼といえば白地に紺でどっしり、というイメージですが、このカップはとても軽く扱いやすいです。このカップの雰囲気に古い茶たくをソーサーがわりとしたお店のセンスが光っています。

店の外観

ランチでお腹いっぱいになったあとは、1階のショップで他とは一味違うお土産などを探すのもいいですね。センスのあるものがたくさん置いてありますよ。

ABOUT ME
多田景子
多田景子
訪れた土地での発見、人とのふれあい、様々な経験で自分自身がいくつになっても更新されていく喜びを感じています。旅の楽しさは何通りもありますが、皆さんに役立つ情報をお届け出来たらうれしいです☆