松山

【松山】光に包まれる松山城が幻想的!「光のおもてなしin松山城」

トンネル3

日本100名城にも選ばれている松山城。昼間の松山城も魅力的ですが、毎年7月中旬~8月中旬にかけて行われるライトアップイベント「光のおもてなしin松山城」も必見です。

ということで今回は、光のおもてなしin松山城の見どころと詳細をお伝えします。

光のおもてなしin松山城って?

ポスター

松山城×ひろしまドリミネーションの特別企画として行われるイベントです。

広島で行われる冬の一大イベント「ひろしまドリミネーション」で使用されている光のオブジェを展示して、松山城の登城道や石垣を彩ります。

2018年は7月13日(金)~8月15日(水)/18:30~21:30まで開催されています。

頂上まではロープウェイor徒歩で

ロープウェイスケジュール

夏季のロープウェイの運行は7月が17:30、8月が18:00までですが、イベント期間中の特定日は21:30まで夜間営業されています(おもに土日祝のみ)。

「山頂まで歩いていくのはちょっときついなぁ」という場合などに利用すると良いですね。最寄りの駅からロープウェイ乗場までの行き方は下記をご参照ください。

あわせて読みたい
【松山】大街道駅からリフト・ロープウェイを使った松山城への行き方松山市の人気観光スポットのひとつである「松山城」。 アクセス方法にはいくつかありますが、小高い山の山頂(標高132m)にあ...
東雲口

徒歩で山頂に行く場合は、東雲神社がある東雲口から登って行きます。所要時間は20~30分ほど。

スロープ

少しだけ階段を上りますが、その後はスロープになっています。

道中

道沿いにブルーライトが敷かれていて、その通りに歩いて行くと、頂上の松山城本丸広場まで迷わず行けるようになっています。

中間地点の長者ヶ平のオブジェ

ロープウェイ駅

10~15分ほどで中間地点であるロープウェイ山頂駅「長者ヶ平(ちょうじゃがなる)」に到着。長者ヶ平の広場にも光のオブジェがあります。

かぼちゃの馬車

かぼちゃの馬車がとてもかわいいですね。

道中のオブジェも見逃せない!

道

さらに上に登って行きます。

石垣

下から青白く照らされて美しい石垣です。

ライトアップ1

その向かい側にたくさんの光のオブジェが見えてきました。

舵

船の舵や、いかり、

くじら

くじらや木々を彩る灯りが素敵です。

ピンク

さらに上に上がっていくと、視線の向こうには頂上の城郭が見えてきました。

ピンク

ピンクのハートと白い鳩のオブジェ。広島の平和の祈りが伝わってくるようです。

戸無門

光に誘われ、さらに上がっていき、戸無門をくぐります。

戸無門2

戸無門をくぐるとドラゴンのような生き物の飛躍感に満ちたオブジェと、イベントのアピールがありました。

筒井門

筒井門をくぐると、向こうに木々のライトアップが明るく見えてきます。

カラフルな汽車

カラフルな汽車です。このまま夜空にむけて出発しそうな感じに思えます。

トンネル2

隣には虹色のトンネルです。

トンネル

トンネルをくぐった景色。光の広がりの中にいる感じですー!

メインの松山城本丸広場

太鼓門

最後に太鼓門をくぐり

本丸広場

松山城本丸広場に到着です!向こうに見えるのはもちろん松山城です。

梅

梅や桜の木々にきれいに電球が配されていてとても幻想的です。

ペガサス ペガサス

お花畑の中をペガサスが舞っているようなイメージを想像しました。

トンネル3

こちらも光のトンネル。ロマンティックですね!

気球

かわいい気球やハートのベンチで写真を撮っている人が大勢いました。

夜景

山頂から見える松山市内の夜景もお見逃しなく。

普段の重厚感とはうって変わって、光のオブジェでロマンティックに彩られた松山城はいかがでしたか?

8月11日~14日のお盆の頃には盆踊りやスタンプラリーなどさまざまなイベントも開催されます。期間中松山に来られる予定の方は、ぜひ光の松山城もご堪能ください

ABOUT ME
多田景子
多田景子
訪れた土地での発見、人とのふれあい、様々な経験で自分自身がいくつになっても更新されていく喜びを感じています。旅の楽しさは何通りもありますが、皆さんに役立つ情報をお届け出来たらうれしいです☆