松山

【松山】木造でレトロな駅舎!映画「真夏の方程式」のロケ地にもなった「高浜駅」

高浜駅

伊予鉄道松山市駅発、郊外電車高浜線の終着駅である「高浜駅」。

実はこの駅、2013年に公開された映画「真夏の方程式」のロケ地として使われた駅でもあります。

真夏の方程式

映画では「玻璃ヶ浦(はりがうら)駅」として登場しました。

駅の外観

こちらは駅の外観。昭和のはじめに建てられたそうです。

外観

まるで昔の木造校舎のよう。

駅の柱

壁や柱の塗装なども剥げたところがあり、とても古びた感じですが、それがまたレトロな駅舎好きにはたまりませんね。

昔の看板

以前の看板。雰囲気が駅舎にマッチしています。

今の看板

ちなみにこちらが現在の看板です。

売店

中に入ると昭和感が漂う売店がありました。

天井

天井の雰囲気もレトロモダンでステキです。

発券機

駅構内には発券機や、

ロッカー

ロッカーなどの設備もありました。

駅の改札口

こちらは福山雅治さんが演じた湯川さんと恭平くんが通った駅の改札口。

駅のホーム

そしてこちらが駅のホーム。ホームにも木材がたくさん使われています。ほとんど昔のまま残されているようです。

電車

駅舎を見学していたら、ゆったりと電車が入ってきました。

昭和レトロ感漂う高浜駅。松山市駅からは1時間に約4本走っていますので、ぜひ訪れてみてください。

ABOUT ME
多田景子
多田景子
訪れた土地での発見、人とのふれあい、様々な経験で自分自身がいくつになっても更新されていく喜びを感じています。旅の楽しさは何通りもありますが、皆さんに役立つ情報をお届け出来たらうれしいです☆