道後温泉

【道後温泉】道後温泉本館を見渡せる出湯の守護神「湯神社」

湯神社

道後温泉本館から徒歩すぐの場所に、道後温泉の出湯の守り神と呼ばれる「湯神社」があります。

第12代景行天皇の勅命により建てられた神社で、湯の字から想像できるように、昔地震で道後温泉のお湯の出が止まった際に、お湯が出るように祈祷したところ、再びお湯が湧きはじめたそうです。

道後温泉の繁栄や湯祈祷の儀式は、今もここでお祭りなどに形を変えて行われていて、湯神社は今も道後温泉を見守る神様として鎮座しています。

鳥居

こちらは道後温泉本館横にある鳥居。

湯神社石碑

湯神社石碑と手水舎があり、駐車場横の階段を登って湯神社本殿に向かいます。

スロープ

階段を登りきったところです。スロープは道後温泉駐車場入口になっています。

この駐車場を登りきったところには、「空の散歩道」という道後温泉周辺を一望できるスポットがあります。

道後温泉

こちらは道後温泉を上から見たところです。絶好の撮影スポットですね!

さて、気を取り直して肝心の湯神社へ。

湯神社

見事な造りの本殿。庭の手入れも行き届き、きれいでしっとりとした佇まいです。

説明板

教育委員会による湯神社の説明。やはり昔からここで湯祈祷が行われていたんですね。

小高い山の上

駐車場で開発されてしまっていますが、小高い山の上で、一部古くて大きな木が覆い茂っているところがあり、鎮守の森のような感じがします。

石段

来た道とは逆の方向に石段があります。

正面入口

下りてみると、こちらも入口でした。おそらくこちらが正面入口だと思われます。

伊佐爾波神社

伊佐爾波坂沿いにあるので、訪れる際はぜひ正面入口からどうぞ。

ふなや

目の前は道後の由緒ある旅館「ふなや」なので、わかりやすいです。

石段

道後温泉本館の絶景も見渡せる湯神社。道後温泉を訪れたらぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
多田景子
多田景子
訪れた土地での発見、人とのふれあい、様々な経験で自分自身がいくつになっても更新されていく喜びを感じています。旅の楽しさは何通りもありますが、皆さんに役立つ情報をお届け出来たらうれしいです☆